ページ内を移動するためのリンクです。
各種手続き
現在表示しているページの位置です。

立て替え払いをしたとき

健康保険では、いったん医療機関等に全額支払った費用について、後で健康保険組合から払い戻しの給付を受けられる場合があります。

立て替え払いをしたとき

必要書類
  • 「療養費請求申請書」
本人の申請印受領委任印は同一の印を申請時にあらかじめ押印し、健保組合へ提出してください。印鑑の押印もれがある場合は、給付できませんので提出時には必ず確認してください。
【添付書類】
・下表参照
提出期限 すみやかに
対象者 下記の支給対象事由に該当する被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考 上記の書類に必要事項を記入し、添付書類を添付の上、武田薬品の方は、健康保険組合まで申請してください。武田薬品以外の方は、各会社の健保事務担当者に提出してください。
なお、申請手続きは各ケースによって異なりますので、詳細は健保組合までお問い合わせください。 支給対象事由、必要添付書類については下表をご参照ください。
療養費の支給対象事由 申請書に添付する書類
急病のため、保険証を持たずに受診したとき 領収書・診療の内訳明細(保険点数が記載されており、薬剤名、使用量、単価、診療項目がわかるもの)
生血液の輸血を受けたとき 領収書、輸血証明書
医師の指示により、義手・義足・義眼・コルセットなどの治療用装具を購入、着装したとき 領収書、保険医の意見書(治療のため装着が必要と認めたもの)
医師の同意を得て、はり・きゅう、あんま・マッサージなどを受けたとき 領収書、保険医の同意書
9歳未満の小児が小児弱視等の治療で眼鏡・コンタクトレンズを作成・購入したとき 領収書(レシート不可)、作成指示書等、検査結果が表示された医師の証明
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等を購入したとき
  • ※添付書類はすべて原本を添付(コピー不可)。返却はできませんので、写しが必要な方は、写しをとってから原本を送ってください。給付支払の証明は、支給月の中旬に事業所からハガキで通知されますので、ご利用ください。
領収書、保険医の装着指示書
  • 柔道整復師、あんま・はり・きゅう師による施術を受けた場合は、治療費を全額自己負担後、療養費として払い戻しを受けることになります。
  • 骨折・不全骨折・脱臼については、応急手当の場合を除き、その施術について医師の同意が必要です。
  • 保険医の同意があってマッサージ・はり・きゅうの施術を受けた場合は、一般医院との同時治療は認められません。
  • 保険取り扱いの接骨院、鍼灸院へかかった場合は、健保組合への手続は不要です。
    治療用装具は、法律や厚生労働省令に基づいた支給基準で給付します。

海外で病気やけがをしたとき

必要書類
  • 「療養費支給申請書」
  • 「調査に関する同意書」

【添付書類】

  • ①海外の病院で発行された「診療内容明細書」
  • ②海外の病院で発行された「領収明細書」
  • ※①②の書類について
    原本を提出してください。必要により申請者にて日本語翻訳(翻訳者の氏名・連絡先も書いてください)をお願いすることがあります。
  • ③海外に渡航した事実が確認できる書類(パスポート等)の写し
  • ④海外の医療機関等に対して療養内容の照会を行うことの同意書
提出期限 すみやかに
対象者 海外の医療機関にかかった被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考 給付額は、国内の健康保険で定めた治療費を基準とした額か現地で支払った額のどちらか少ないほうになります。そのため給付額が少なくなることがございますので旅行の際は、海外旅行保険等に加入しておいていただくほうが安心です。

入転院をするのに歩けないとき

必要書類

【当組合の承認】

  • 「移送承認申請書」
  • ※医師の証明を受けて提出し、事前に当組合の承認を受けてください。

【移送費の請求】

  • 「移送費請求書」

領収書

提出期限 すみやかに
対象者 病気やけがで移動が困難であり、医師の指示により入転院時に移送された被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考

医師が一時的・緊急的な移送の必要性を認めた場合で、かつ次のいずれにも該当すると当組合が認めた場合に支給されます。通院のための車代等は対象外です。

  • 移送の目的である療養が保険診療として適切であること
  • 療養の原因である病気やけがにより移動困難であること
  • 緊急その他やむを得ないこと

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ