ページ内を移動するためのリンクです。
保健事業
現在表示しているページの位置です。

インフルエンザ予防接種補助

  • 解説
  • よくある質問

インフルエンザ予防接種の費用補助

被保険者ならびに被扶養者が、事業主の実施する集団接種、もしくは、個人が病院などへ行って接種(個人接種)した場合に、その1回分の接種費用(税込み)を健保組合が負担します。 ただし、13歳未満の被扶養者のみ2回接種が行われる場合においては、全額費用負担します。

対象者 被保険者および被扶養者
接種期間 10月~翌年1月末日
接種方法
【被保険者】
事業主が集団接種を実施する事業場は集団接種で接種してください。
また集団接種を実施しない事業場は、個人で病院などへ行って接種(個人接種)してください。
【被扶養者・任意継続者】
個人で病院などへ行って接種(個人接種)してください。
注) 市町村が実施する予防接種を受診した場合も個人接種とします。
接種費用の
請求と支払い
◎事業主が実施する集団接種で接種を受けた方は、何もする必要はありません。
◎個人接種をした方は下記の要領で費用の請求をしてください。
  • 13歳未満の被扶養者が2回接種した場合は、2回目の接種終了後、2回分の合計額で申請してください。年齢は接種日時点の満年齢とします。
  • 個人接種した方は病院等で費用を支払い、必ず領収書をもらってください。

《領収書の注意事項》
  • 領収書の宛先は接種を受けた方です。(1人毎に作成)
  • 「インフルエンザ予防接種」と記載された物が必要です。
  • 」に必要事項を記入し、領収書を貼付けして下記へ提出してください。
    <提出先>
    • ・武田薬品ならびに任意継続の方・・・武田薬品健康保険組合
    • ・関係会社の方・・・事業主の人事担当係
    • ※提出方法等については、申請用紙の裏面に記載していますのでご参照ください。

    提出期限:2月10日必着<期限厳守>

    (休日の場合は翌平日)

  • 申請された費用は、個人接種の場合、原則として申請書受付の翌月にお支払いします。任意継続の方は各自の銀行口座へお振り込みします。
    ただし、各会社の給与システムにより支払時期は異なります。
    注)この事業に関して、集団接種の実施可否を含め、事業主から従業員の方に会報等でお知らせしていただきます。

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ