ページ内を移動するためのリンクです。
保健事業
現在表示しているページの位置です。

40歳未満プログラム

  • 解説
  • よくある質問

健診結果を分析した結果(下図参照)、生活習慣病のリスクがある方の割合は、33歳で50%を上回り、リスクのない健康な人の割合は50%を下回りました。さらにリスクのある方の割合は38歳で60%を上回っていることがわかりました。原因として、結婚等による生活環境の変化が考えられます。
これらの分析結果により、40歳以降の健康を維持するためには少し早めの38歳からアプローチすることが必要と考えられるため特定保健指導の対象年齢を38歳に引き下げて実施しています。支援内容等は以下のとおりです。

生活習慣病リスクありの該当者割合

委託業者

(株)メディヴァ、セイコーエプソン(株)

ご利用までの流れ

特定保健指導(40歳以上)の「在職被保険者(本人)」の「ご利用までの流れ」と同様

サポート(支援)内容

特定保健指導(40歳以上)の「在職被保険者(本人)」の「サポート(支援)内容」と同様

プログラム内容

40歳未満プログラム内容

自己負担

無料

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ