ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • お知らせ一覧
  • はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費に関する受領委任の取扱いについて(お知らせ)


はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費に関する受領委任の取扱いについて(お知らせ)

2019年06月14日

 はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧について、施術者等が患者等に代わって療養費の支給申請を行う「受領委任制度」が導入されました。                                                                    (平成31年1月1日から取扱開始)

この制度に武田薬品健康保険組合も参加しております。(令和1年6月1日施術分から)

ただし、受診者様の施術所での扱いは以前と変更ございません。

 

①    医療機関の保険医(主治の医師)の診察を受ける。

②    保険医に療養費で定められた施術(注)を行う旨の同意書を交付して頂く。

③    受療委任を取り扱う施術者で保険証を提示し、施術を受ける。

④    一部負担金を支払う。

 

(注)<療養費で定める施術>

はりきゅう療養費の支給対象は、慢性的な疼痛を主症とする6疾病など、医師による適当な治療手段のないものに対する施術が対象となります

 

【制度の仕組み】

 受領委任は、受領委任を取り扱う施術者が、患者に医療保険(療養費)で定める施術を行い、患者等から一部負担金を受け取り、患者等から療養費の受領の委任を受け、患者等に代わって療養費支給申請書を作成のうえ保険者等へ提出し、療養費を受け取る取扱いです。

                                                                                  以 上

ページトップへ