ページ内を移動するためのリンクです。
健保のしくみ
現在表示しているページの位置です。

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

POINT
  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、事由発生から5日以内に届出をしてください。
  1. (※注)「扶養の事実が発生した日(発生日含む)」から実働5日以内に書類を提出してください。健保組合が5日以内に書類を受理し認めた場合は「扶養の事実が発生した日」に遡り「認定日」とします。
    5日を超えた場合は「健保組合が書類を受理し認めた日」をもって「認定日」とします。遅れる場合は事前に健保組合へご相談ください。
    ただし、新生児については書類到着日に関わらず「生まれた日」が「認定日」になります。
    (「5日以内ルール」は適用されませんが、できるだけ速やかにご提出ください。)

家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

  • ※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

同居している場合 別居している場合
対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、原則として被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと

《収入基準の目安》

例外 対象者の年間収入が130万円未満であっても雇用保険失業給付基本手当日額が3,612円以上の方は、受給期間中は扶養認定できません。
「雇用保険失業給付受給中の取扱いについて(平成28年4月2日以降退職の方)」をご確認ください。

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、当組合では毎年、被扶養者の資格を確認するための検認を行っています

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ